可能性のない獣

半寝たきりの2型糖尿病患者が書くあれこれ

【血糖値対策】砂糖の摂取量を10kg減らしたい【通販】

はい。こんにちは。

マダオです。

 

皆さん、砂糖をどれだけ摂っていますか?

糖尿病と診断されて以来、マダオは出来る限り砂糖は摂らないようにしています。

なぜなら、ほんの数gで血糖値が爆上がりするから。

 

糖尿病となる前はどれくらい摂っていたのか。

今となっては知るよしもありませんが、統計データがあるので、日本人一般の話として何となくは推計できます。

 

農林水産省の統計(令和元年度)によると日本人が1年で使用する砂糖は年間16.2kgに及びます。

https://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/kanmi/r3_1/attach/pdf/siryou.pdf

そのうち、家庭用の割合はおよそ11%。

菓子類・清涼飲料・パンで55%。

上記項目だけで合計66%の砂糖が使用されます。

つまり、これを全て排除できれば、年間66%分(10.6kg)の砂糖を摂らずにすみます。

カロリーにして42,000kcl超。

年間およそ6kgの体重減少となります。

血糖値安定化に加えて、インスリン抵抗性も改善することでしょう。

 

このうち、市販の菓子類・清涼飲料・パンは必需品じゃないので、ご自身のライフスタイルに合わせてできる限り減らしてください、としか言いようがありません。

0kclを謳う人工甘味料入りの商品はやまほどあるんですが、以下の記事で書いたように腸内細菌叢を乱し、結果として糖尿病を悪化させる可能性があります。

beast-of-no-possibility.hatenablog.com

また腸内細菌叢の問題以外でも人工甘味料が持つ砂糖の数百倍という甘さが脳をバグらせて、摂取者を太らせるのではないか、という説もあり、とにかく安全な商品というものがほとんど見当たりません。

 

一応、マダオの個人的な見解と対処法を書いておきます。

 

菓子類

マダオが確認できたなかで、ほぼ安全なお菓子はキシリトール100%のガムのみです。

 

次点はラカント飴。(ただラカンカ自体が砂糖の数百倍の甘さがあるらしく、上記人工甘味料と同様の問題を引き起こす可能性は捨てきれません)

 

 

清涼飲料

マダオが信用しているのは、水、麦茶、ルイボスティーのみです。

たまにノンカフェインのブラックコーヒーは飲みます。

 

カフェイン・アルコールは血糖値を乱す疑いがあるので、摂取しません。

野菜ジュース、果物ジュース、乳酸菌飲料、スポーツドリンク、エナジードリンク、加糖コーヒーなどなど、口に含んで甘みを感じるものは全てNGです。水に糖分を溶け込ませたものが一番激しく血糖値を上げます。糖尿病を悪化させたくなかったら飲まないほうが無難です。

 

関連記事

beast-of-no-possibility.hatenablog.com

 

パン

小麦と砂糖と脂のコンビネーション。

マダオ(糖尿病持ち)は死ぬ。

糖尿病の診断以来一口も食べてません。

清涼飲料とパン。どちらか口にしないと殺すと言われたら、パンを食べます。

菓子パンだったら・・・うーん。悩みますね。

 

 

さて、ある意味ここからが本題です。

家庭用

これが難関です。

家庭料理で砂糖を使わないというのは、相当な無理難題です。

料理のさしすせそ、などという言葉にあるように一番最初に必要な調味料として挙げられるくらいです。

ただ、現代科学は素晴らしく、お金で解決できます。(ゲス顔)

砂糖(kg単価200円前後。1g=4kcl)をエリスリトール(kg単価1,000円前後。1g=0.2kcl)に変えてしまえばいいのです。

 

 

スーパーにはパルスイート(kg単価2,700円前後)やラカントS(kg単価3,000円前後)などが売っていると思いますが、成分の大半はエリスリトールで、余計なものが添加されています。パルスイートには人工甘味料ラカントSにはラカンカ。どちらの製品も砂糖の数百倍の甘さを持つ原料を加えているため、長期間摂取した場合に本当に人体に悪影響がないのかわからない上に、高いです!

 

その点、エリスリトールは、世界中で流通しているために安全性に対する試験も多く行われており、今のところベストな選択肢となっています。

弱点は砂糖の75%程度と言われる甘さくらいで、WHOでも一日の摂取上限が設けられていない安全性の高い天然甘味料です。

お菓子などもエリスリトールを使い自作すれば、安全なものが作れると思いますし、コーヒーに砂糖が欲しいときなどもこれで代用可能です。

 

まとめ

甘いものが欲しくなったらエリスリトールでごまかせ!っていうのがマダオの基本方針となります。

 

なお、カロリーは限りなくゼロに近いため、空腹感はごまかせません。

小腹が減ったときに食べるものとして、マダオがオススメするのは煎り大豆です。

 

そのままかじれて、上品な甘味を感じます。

またGL値1というのも安心できる要素です。

 

最悪、料理に使っている砂糖をエリスリトールに変えるだけでも、労せず年1kg程度は減量できると思います。

試してみる価値は十分あるんじゃないでしょうか。

 

 

通販なら都会に住んでなくても大丈夫!



当ブログの代表的な記事はこちら。

HbA1c9.7→4.8にするために何をしたか公開中。

beast-of-no-possibility.hatenablog.com

 

 

CGMマダオがイチオシする商品の一覧はこちら。

beast-of-no-possibility.hatenablog.com

 

 

なお、本記事はマダオ個人の体験談とそれに基づく感想です。

個人個人で体質も糖尿病の重症度も違いますので、運動・食事等については自身の主治医や栄養士など専門家の意見を参考に行って下さい。

 

参考にした著作・HP・動画は当ブログ管理人のマダオが自身の糖尿病生活の参考にするため、閲覧させていただいている先であり、当ブログとは一切関係がありません。当ブログの記述に不正確さがあった場合、全て管理人のマダオに責任があります。